So-net無料ブログ作成
検索選択
鏡村:20070405 ブログトップ

杉菜草原 [鏡村:20070405]

鏡ダムの遊歩道に広がっていた杉菜。土筆もあるんだろうと思ったけど、こんなに育ったらもう土筆はないというか、土筆がたくさんあるほうが珍しいらしい。でも、鏡村にはあるような気がする。
nice!(0)  コメント(0) 

川原 [鏡村:20070405]

五月待つ 山郭公 うちはぶき
今も鳴かなむ 去年のふる声
(読人知らず:古今和歌集)

子供の頃、こういう川原が当たり前にあって、水遊びをするのが楽しみだった。コンクリートで固めなくても、川と共存する方法はあるはずだ。
nice!(0)  コメント(0) 

のどか [鏡村:20070405]

散る花を 何かうらみむ 世の中に
我が身も共に あらむものかは
(読人知らず:古今和歌集)

花の村には他所からも人が和みに来る。常にあることのない花だから、見納めておきたいと思う。来年も見たいと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

桜の村 [鏡村:20070405]

春の色の いたりいたらぬ
里はあらじ 咲ける咲かざる
花の見ゆらむ
(読人知らず:古今和歌集)

鏡ダムから土佐鏡湖公園を見下ろす。渓流では釣人が1人、竿を握っていた。
nice!(0)  コメント(0) 

山翠 [鏡村:20070405]

やよやまて 山郭公 ことづてむ
我れ世の中に 住みわびぬとよ
(三国町:古今和歌集)

ダムの下流でも鏡川にはたくさんの支流がある。平成の大合併前から高知市であった場所でも、この美しさ。山里に住む子供たちが無邪気に水切りに興じていた。うらやましい。
nice!(0)  コメント(0) 

アケビ [鏡村:20070405]

芳香と蜜を備えて誘惑にゆれる雌花。桜に負けないために。
nice!(0)  コメント(0) 

柿の新芽 [鏡村:20070405]

人が桜に目を奪われている間にも、実りの秋への営みは始まっている。
nice!(0)  コメント(0) 

土佐鏡湖 [鏡村:20070405]

小さなダム湖だけど、このダムがなかったら暮らせない。昔は山菜を採ったであろう山は、今は島となって鳥たちが暮らしている。
nice!(0)  コメント(0) 

水の暮らし [鏡村:20070405]

郭公 声も聞こえず 山彦は
ほかになく音を 答へやはせぬ
(凡河内躬恒:古今和歌集)

村人は先祖代々、水とともに住み、山を借り、段々に暮らしてきた。市民になっても、そのままにいてほしい。不便に見えても、それが一番理に適っている。
タグ: 棚田 鏡村
nice!(0)  コメント(0) 

鏡川 [鏡村:20070405]

吹く風と 谷の水とし なかりせば
み山隠れの 花を見ましや
(紀貫之:古今和歌集)

高知市中心部から車で15分。四万十川ばかり注目されるけど、高知市の水だって、こんなに綺麗だ。
nice!(0)  コメント(0) 
鏡村:20070405 ブログトップ
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。